学科概要

SUBJECT

調理・製菓のWライセンスを取得し、食のスペシャリストへ!

西洋料理を中心に、日本料理、中国料理まで網羅する調理の技術に加え、製菓の専門知識・技術を習得。
調理師と製菓衛生師のWライセンスを取得し、前菜からデザートまでおいしく提供することで、
みんなを笑顔にできる食のスペシャリストを目指します。

調理師

洋食を中心に和・洋・中を学び、料理人としての基礎力を習得。

包丁の研ぎ方に始まり、調理の基本をじっくりマスター。西洋料理を中心に日本料理、中国料理までを実習中心に学び、料理人としての基礎力を習得します。同時に人間教育にも力を注ぎ、就職後、さまざまな現場で適応し、学んだ力を発揮できる素養を身につけます。

製菓衛生師

おいしいケーキやパンを作る職人の繊細な技術を学ぶ。

製菓・製パンの知識と技術を習得、みんなを笑顔にするケーキや焼き菓子、料理に合うフランスパンなどを作ります。食品衛生学など食の安全に関する専門知識も学ぶので、将来、お店のリーダーとして、あるいは独立開業を志す場合にも役立ちます。

食のスペシャリストへ

フルコースを考案し、提供できるプロフェッショナルとして活躍。

調理全般の知識と技術を習得する調理師。そして製菓・製パンのノウハウを習得する製菓衛生師。ふたつの資格を取得することで、仕事の幅は大きく広がります。たとえば、フランス料理なら前菜からデザートまでを考案し、自ら作ることができるーーそんな活躍が期待されます。

仕事の幅が広いことをアピールでき、幅広い就職先から、最適の職場を選択。

調理から製菓まで担当できる仕事の幅が広いことは、就職活動の際の強力なアピールになります。そして数あるレストラン、飲食店、ホテルなどから、一人ひとりが志望する仕事・職場を選ぶことで、職場とのミスマッチを少なくし、料理人として末永く活躍できるのです。

TIME SCHEDULE
時間割

1年次調理から製菓まで幅広く学びWライセンスを目指す。

日本料理、西洋料理、中国料理を中心に基礎技術をもれなく習得し、同時に食品全般に関するあらゆる知識を学習します。同時に製菓・製パンについての技術や知識を製菓製パン本科通信課程で学習。「調理師」と「製菓衛生師」のWライセンスの取得を目指します。

時間
1限目 9:30 - 10:15 食文化概論 栄養学 調理実習 製菓実習 調理実習
2限目 10:15 - 11:00
3限目 11:10 - 11:55 食品衛生学 公衆衛生学
4限目 11:55 - 12:40
5限目 13:30 - 14:15 調理理論 食品学 食品衛生学 製菓科目 フードサービス
実習
6限目 14:15 - 15:00
7限目 15:10 - 15:55 フード
ビジネス
8限目 15:55 - 16:40

※カリキュラムは変更になる場合があります

2年次1年次の学びをもとに、西洋料理に特化した実習でレベルアップ。

「高度調理実習」では、現場に即したより実践的な調理技術の習得を目指します。また名古屋の飲食業界の実情を踏まえ、西洋料理にウエイトをおいた教育を実践します。さらに「総合調理実習」では集団調理をトレーニング。お弁当の販売実習などを通じて、地域との交流・貢献も目指します。

時間
1限目 9:30 - 10:15 総合
調理実習
公衆衛生学 製菓製パン
実習
高度
調理実習
食品衛生学
2限目 10:15 - 11:00
3限目 11:10 - 11:55 栄養学 フードサービス
実習
4限目 11:55 - 12:40
5限目 13:30 - 14:15 フード
ビジネス
製調理理論
6限目 14:15 - 15:00
7限目 15:10 - 15:55
8限目 15:55 - 16:40

※カリキュラムは変更になる場合があります