real voice

Real Voice

students voice

ユマニテクの気になるアレコレ、実際のところは「どうなの?」と
学生と先生にインタビューしました。リアルなユマニテクをご紹介します!

  • 3分野の
    学び

    いろいろ経験。
    納得してパティシエの道へ。

    洋菓子志望でしたが、オープンキャンパスで見た飴細工にも惹かれました。そして入学するとパンのおいしさや和菓子の繊細さなど、本当に幅広く学べます。どんなに好きなことでも、自分に合っているかどうかは実際にやってみないとわかりません。ユマニテクでは3分野の学びをひととおり経験して、自分が進むべき道を決められるのが良いと思います。

    製菓製パン本科1年
    岐阜県立岐阜総合学園高等学校 出身

    和田 桃佳 さん

    得意分野が増えれば、
    将来きっと役立ちます!

    製菓実習(洋菓子)・
    製菓理論

    安井 大也 先生

    製菓にまつわる仕事は幅広いので、3分野を中心に幅広い知識・技術を学べるよう工夫しています。カフェでスイーツやパンが提供されたり、和菓子屋でシュークリームが売られたりすることも珍しくはありません。せっかくの2年間ですから幅広く学んで、自分の得意なことを増やせば、将来きっと役立ちますよ。

  • 国家
    資格は?

    楽しく学べる工夫で、
    全員合格を目指して。

    製菓衛生師国家資格は出題範囲も広く、勉強はそれなりに大変です。でも過去問をまとめたプリントなどの試験対策や、クイズ形式の授業や語呂合わせでの覚え方など楽しく学べる工夫がいっぱい。さらに試験前には、補講を毎日のように開催するなど、手厚いフォローで全員合格を応援!私も無事合格することができました。

    製菓製パン本科2年 製菓衛生師 合格
    私立修文女子高等学校 出身 AVENIR 内定

    小川 茉里 さん

    授業+実習のコンビで、
    理解と合格率がUP!

    栄養学・食品学

    原田 千奈美 先生

    製菓衛生師の国家資格試験対策は、教室での座学だけではありません。たとえばチョコレートのテンパリング(溶かし固める作業での温度調整)などは実習でも確認。丸暗記ではなく、座学と実習のコンビで学ぶから知識・技術がしっかり定着。試験の合格はもちろん、将来にも役立つのです。

  • 先生は?

    先生から先に声をかけてくれる
    安心感。嬉しい。

    ユマニテクの先生はとにかく親切。授業や実習中では、先生の方から「大丈夫?」と先に声をかけてくれるから質問しやすいです。そして授業以外でも「今日元気なくない?」とか話しかけてくれて、一人ひとりをちゃんと見てくれている安心感「が嬉しいです。オープンキャンパスでも先生の親しみやすさは、実感できると思います。ぜひ参加してみてください。

    製菓製パン本科1年
    愛知県立安城高等学校 出身

    鈴木 実咲 さん

    はじめての学びをしっかり
    サポートしたいから。

    製菓実習(製パン)

    茅野 良重 先生

    製菓の本格的な学びは、多くの学生がはじめてだから、戸惑うことも多いと思います。そこでみんなが毎日楽しく元気に学生生活を送れるよう心がけています。そんな学生生活のせいか、卒業後も訪ねてくれる学生も多く、みんなの活躍を聞くのは本当に嬉しいです。