news & topics

新着情報

洋菓子実習 ~冨田和彦シェフ~

ガレット・デ・ロワってご存知ですか???

フランスでは、年が明けると、お菓子屋さんやパン屋さんの店頭は
「ガレット・デ・ロワ」で埋め尽くされます。
「ガレット・デ・ロワ」は、1月6日の「公現祭」(エピファニー:Epiphanie)を
お祝いして食べるお菓子とされていますが、現在では1月6日に限らず、1月中であれば、
それを囲んで家族や友人たちが集まる際に食される新年には欠かせないお菓子です。
「ガレット・デ・ロワ」のお楽しみは、このお菓子に隠されている「フェーヴ」(Fève)
という小さい陶器の人形が誰に当たるか、ということです。
それが当たった人は、その日、“王様”または“王妃様”になり、王冠をかぶり、(シャンパンと共に)
皆から祝福されます。そして、“王様“または”王妃様“になった人は、相手の”王妃様“か”王様“を選ぶのです。
(「クラブ・ドゥ・ガレット・デ・ロワ」のHPより引用 http://www.galettedesrois.org/galette )


フランスでは年が明ける前から、店頭にガレット・デ・ロワが並びだします。
スタンダードなものから、ピスタチオが入ったもの等、多種多様なものがあるんですよ(*^_^*)


今回ガレット・デ・ロワを教えて下さったのは、冨田和彦シェフです。
冨田シェフは、お菓子に関する様々な技術や知識をお持ちの上、お菓子をとても愛していらっしゃる
シェフです。そして、とても優しく笑顔でユマ学生に教えて下さいます!(^^)!

私みたいな若者にも、お会いすると笑顔でお菓子のステキなお話をしていただける
ので、とても恐縮です(^^;)

私は個人的にガレット・デ・ロワがとても好きで、自分でも作るのですが、
冨田シェフのガレット・デ・ロワは本当に絶品!
私も美味しく頂いてしまいました(*^_^*)


冨田シェフ
たくさんのお心遣いと、ユマ学生の為にお話しをしていただいてありがとう
ございます。
また次回もよろしくお願いいたします。


製菓製パン本科教員 GTO

一覧に戻る