SPECIALIST

可能性を広げる学び

調理から製菓・製パンまで学び、 一人ひとりの可能性を広げます

調理・製菓の知識と技術を基本からじっくりマスター。

1 年次では、包丁をはじめとする調理器具の扱い方から丁寧に指導。煮る・焼く・蒸す・揚げるといった調理の基本を、西洋料理、日本料理、中国料理の実習を通じて吸収します。また製菓・製パンについても現場レベルの設備で本格的に学びます。

食に関する専門知識を修得し、人間教育もしっかりと。

実習と並行して、フードビジネスや食品衛生にまつわる授業も充実。将来、職場のリーダーとして、あるいは独立開業を志す場合にも役立ちます。また人間教育にも力を入れ、さまざまな職場に適応し、学んだ力を発揮できる素養を身につけます。

西洋
料理

歴史と伝統をもつ西洋料理。その基本から応用を学び、コース料理を提供できる力を身につけます。

日本
料理

世界的にも注目を浴びる日本料理。四季折々の食材を使い、素材の味を最大限に引き出して作ります。

中国
料理

世界三大料理のひとつ中国料理。中華包丁や鍋を使いこなし、前菜から点心まで幅広く学びます。

製菓
製パン

ケーキなどの生菓子から、焼き菓子、皿盛りのデザート、そしてパン作りまで習得します。

より実践的なメニューでレベルアップ!

2 年次では実習時間をさらに増やし、ミニ懐石やコース料理にも挑戦。ホテルや料亭などから現役の料理人を招き、より高度な知識・技術を学びます。また製菓・製パン実習ではレストランなどの調理の現場を想定。より実践的な実習を繰り返します。

調理から製菓まで活躍のステージも幅広く。

調理から製菓・製パンまで学ぶことで、卒業後の進路もレストランやホテルのみならず、結婚式場や社員食堂・学校給食、パティスリー(洋菓子店)などまで飛躍的に広がります。2年間の学びの中で、自分の進むべき道をじっくり考え、挑戦することができるのです。

校舎を飛び出した多彩な学びも。

学外コンクールに出品

2019年6月、全日本司厨士協会東海地方本部主催の愛知県食材を使った料理コンクールに1年生の学生が出品。はじめてのエントリーながらオリジナルレシピで会長賞を受賞しました。

東京研修を開催

2019年10月には製菓製パン本科との合同イベント・東京研修を実施。日本最大級の洋菓子コンテスト・ジャパンケーキショーや江東区の豊洲市場を見学しました。